メッセージ ~教授 河野俊行~

専門は国際私法、国際民事紛争処理法、ですが、文化財、文化政策にかかわる法問題を扱うことが増えてきました。主な研究分野としては国際私法、国際民事手続き法、国際文化財保護法、を挙げることができます。
国際私法の分野では、経済学の手法を採用した抵触法ルール分析をてがけ、その分析対象を拡大中です。また知的財産権と国際私法、国際民事訴訟法の交錯についても研究を進めています。文化遺産関係では、ユネスコの無形遺産条約の起草専門家会合、引き続いて文化多様性条約の起草専門家会合のメンバーとしても作業し、両条約も発効しました。現在は無形遺産条約政府間委員会日本政府代表の一員として施行規則の策定作業に携わっています。

教育活動としては、九州大学における研究者志望学生に 対する大学院ゼミ、留学生対象にもうけられた英語による大学院LL.Mコースにおける ゼミ,法科大学院における授業の3つが九州大学における教育活動の柱です。

Reseach Project
科学研究費基盤研究S
政府開発援助ユネスコ活動費補助金

ブータン王国におけるユネスコ文化遺産関連条約の執行準備及び文化遺産保護法制整備の発展的継続

http://bhutan.toshiyuki-kono

国際知的財産法・国際私法センター
http://center.toshiyuki-kono.jp
(2012.8.31 公開予定)